• おせちを思う存分味わう方法

    お正月には家族でおせち料理を味わう家庭が多いですが、最後まで食べ切るのが難しいのも実情です。



    特に味が濃い料理がメインなので、食べ続けていると次第に飽きてくるケースも多いです。



    そのような場合にはおせち料理をリメイクすると、誰でも最後までおいしく味わうことができます。

    黒豆が余った場合にはその甘い風味を生かして、クッキーやケーキなどにリメイクする人も増えています。

    ホットケーキミックスを使って簡単にアレンジできるので、誰でも気軽に黒豆を再利用することが可能です。

    豆類は栄養価も高く、抹茶を活用して風味のあるスイーツを作るのが賢い方法です。


    またおせち料理の重箱に詰められている代表的な食材には、紅白のかまぼこやだて巻きなどもあります。
    かまぼこなどをリメイクするときには、ちらし寿司のように酢の味を生かしたメニューを選ぶのがポイントです。酢の風味を生かすと食欲を高める効果もあり、完成した料理は子供たちにも喜んでもらえます。



    一方で重箱の中に入っている栗きんとんが余った場合には、パンの具材として利用するのがトレンドです。

    オーブンがある家庭も増えており、栗きんとんの甘さを生かして菓子パンを作ることも容易です。
    余ったおせち料理を消費期限までに食べ切るためには、子供や高齢者向けにアレンジする姿勢も求められます。


    従来の枠にとらわれずに創意工夫してリメイクすると、小学生も喜ぶようなおいしい料理を作ることが可能です。