排水溝のつまりトラブルで利用できる道具

排水溝のつまりトラブルで利用できる道具はいくつかありますが、最初に試したいのがラバーカップです。ラバーカップはトイレでよく使われる道具であり、それ以外の場所でも排水溝のつまりを解消してくれるグッズです。使用する際には角度に注意しながら押し付けて、一気に引き上げることで解消されます。原因となる箇所が排水口から離れれば離れるほど効果が薄くなりますので、原因の箇所がどこにあるのかをしっかりと把握した上で使用することをお勧めします。

市販のクリーナーを使ってトラブルを解消する方法もありますが、弱い成分のものは酷いつまりを解消するほどの作用がありません。ですから、できるだけ作用の強い商品を探すのが上手く解消するためのコツであり、ご家庭にあるもので対処するとしたら重曹と酢を使うのもお勧めです。手順としては重曹を入れた後に酢を投入し、少し時間をおいたら50度程度のお湯を流し入れます。これを複数回ほど繰り返しているうちに、少しずつトラブルが軽くなるはずです。

何度か試しても効果が得られない状態の時には、業者への依頼が必要だと判断できます。長いブラシを使って排水管の内部を掃除する方法もありますが、やり方を誤ると内部を傷つけることがありますので、取り入れるのなら慎重に試しましょう。長いワイヤーの先にブラシがついていて、その部分でこそぎ落とす仕組みです。何度かやっているうちに、どの程度までいくと行きどまりになるのかを把握できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です