自分でつまりトラブルを改善する方法とは

トイレを使っていたら、突然、水が流れなくなったと言うことはありませんか。以前から、異音がするなどの異変に気がついていればその時点で原因を追及して対応した方が良いです。ただ、トイレは急に詰まってしまうこともあります。何をつまらせたのかによっても対応が変わるので、まずは道具を揃えましょう。

トイレのつまりトラブルでトイレットペーパーや排泄物を一度にたくさん流そうとした場合は、ラバーカップやぬるま湯を使って対応できます。ラバーカップがあった方が素早く改善できますが、便器が壊れない程度の40度くらいのぬるま湯を使うだけでもこれらが水にふやけるので改善することができます。これなら、特別な道具は必要ありません。スマホをトイレでいじっていたら水没した場合は、真空パイプクリーナーが良いです。

これなら硬いもののつまりトラブルに対応しているので、スマホも対応しています。トイレの中で、スマホをよく使うと言うことであれば万が一の時のために、念のために買っておいた方が良いです。そうすれば、すぐに対応できます。両方とも買っておくとより良いかもしれません。

トイレは毎日、必ず使う場所ですから、つまりトラブルを放置するわけにはいきません。自分で改善することができればすぐに水が流れるようになります。もちろん、自力ではどうにもならないこともあります。そう言う時は、業者に早く連絡してなるべく早く来てもらって修理した方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です