排水管つまりのトラブルには

生活するうえで、水回りは必要不可欠です。料理するときはキッチンを使いますし、お風呂に入るときは洗い場や浴槽を使いますし、トイレに入るときは便器を使いますし、洗濯するときは洗濯機を使います。このように多くの水回りがあるということは、その数だけ排水溝があるのです。そのため、排水管つまりのトラブルが起きてしまうと一気に生活しにくくなってしまいます。

毎日使うものばかりなので、その分汚れやすい特徴があります。こまめに掃除せずにつまってしまうと、不便なだけではなく悪臭やぬめりが発生するため、放置しておけません。排水管のつまりの最大の原因は、小さなゴミ・油汚れ・髪の毛・皮脂汚れなどです。油分は冷えると固まる性質があることから蓄積することで、汚れと髪の毛が絡まり詰まってしまうのです。

排水管はいきなり水が流れなくなるわけではなく、流れが少しずつ悪くなることで排水に雑菌が繁殖して引き起ります。雑菌が繁殖しすぎてしまうと害虫やネズミも発生するトラブルになる恐れもあるため、市販の薬剤などを活用して定期的に汚れやぬめりを抑えるようにすることが重要です。他にもラバーカップを使ったり、油汚れに効果がある重曹とクエン酸を混ぜたものを使ったりして自分で予防することも可能です。このようなことをしてもつまりのトラブルが解消しない場合は、排水管の奥の方でつまっている可能性が高いので、専門の会社に修理を依頼した方が安心でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です