自分でできるつまりトラブルの修理

つまりトラブルが起きても、すぐに業者に電話をする必要はありません。自力で直す方法が掲載されているサイトがいくつもありますので、まずはそれらを見てできることはないかを確認します。ほとんどはパイプ部分でつまりトラブルが起きているのですが、その原因となる物質は場所によって様々です。例えばキッチンで起きていたら油分や食材が原因として考えられますし、お風呂場なら髪の毛やシャンプーの可能性が高くなります。

洗面所でも髪の毛がつまることは多く、それ以外にも歯磨き粉や小物はよくある原因です。全ての箇所で共通しているのは、目に見える範囲でのつまりを解消するのが最初にやるべきことだという点です。目に見える部分なら手で取り除けますので、特に道具は必要ありません。問題なのは見えない範囲でのトラブルであり、この場合は場所に応じたクリーナーを使うのが有効です。

クリーナーにもいくつかの種類があり、場所ごとに必要な成分が異なります。ですから、一つの商品を購入して全ての場所で使うことはできませんので、場所ごとに適した商品を用意しましょう。パイプ用のクリーナーが無い時の代替方法として、重曹とクエン酸を使うこともできます。重曹を先にふりかけて、その後にクエン酸を入れる方法であり、比率は1対2です。

最近では掃除グッズとして重曹を取り入れるご家庭も多いので、クリーナーが無い時に代わりに試してみましょう。あとはこまめに掃除をすることで、新たなつまりを予防することも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です