トイレのつまりトラブルを解消

頻繁に使うトイレでつまりトラブルが発生したら、すぐに解消したいところです。修理をし始める前にすぐに実践したいこととして止水栓を閉める作業があり、止水栓はタンク周辺についています。止水栓を閉めたらつまりの原因を探す作業に入り、身につけていたものが入り込んだりしていないかを考えます。落とし物等をしていなくても、トイレットペーパーや汚物がつまることもありますし、女性用のナプキンが入っていることもあるようです。

トイレットペーパーやナプキンがつまるようなトラブルでは、大量のお湯を流し入れるだけで解消できることも少なくありません。大事なのは一気に流し込むことであり、目に見える部分に原因があればラバーカップを使うのも一つの方法です。他にもトイレのつまりトラブルに特化したクリーナーを投入する方法は簡単にできますし、非常に効果的な方法として広く利用されています。クリーナーは強アルカリ性のものが非常に強い作用で原因物質を溶かせますので、選ぶなら強アルカリ性の商品です。

強い薬品ですので少し手に付いただけでも皮膚が荒れてしまうため、必ず手袋をしてから行いましょう。これらを試しても良くならない時には、専門的な処置が必要なケースです。つまり自宅にあるものでは対処できず、業者に依頼する必要があります。業者なら専門的な道具も持っていますので、難しい状況でも簡単に直せます。

到着するまではトイレを使わずに、止水栓も閉めたままにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です