自宅の屋根でした雨漏り修理

両親が若いころに購入して暮らしていた一戸建てをそのまま引き継いで住んでいます。当然ながら築年数はそれなりに経過しています。中古物件を購入してリフォームをしてから移り住んだ感覚、しかもそれ以上に思い入れが深い場所で生活ができています。移り住んだ当初は気にならなかったのですが、一時期天候不順で連日短期間の豪雨が続いた時期に雨漏りが複数個所にありました。

私自身は日中外出していたので被害に気付くのがおくれてしまったのですが、確かに天井から少しずつ落ちてくる雨粒の音というのは静けさの中においてはとても気になるものでした。そして冷静になると、雨漏りがしているということは、屋根に隙間ができていたり、腐るなどの被害が出てきていてもおかしくないという心配がありました。知り合いに工務店の方がいるので雨漏りについて尋ねたのですが、屋根の補修は家の中でも特に難しく技術がいるとの返事でした。どこから家の中に雨が侵入してきているのかを突き止め、原因を解決するのは一見すると地味なことのようですが熟練した技術に当たるそうでした。

そこで工務店の方からさらに屋根修理を専門にしている業者の紹介を受けて、そこでようやく屋根の修理をすることになりました。してもらった作業というのは瓦と瓦の間の隙間を詰めるということだけだったのですが、その作業で家の中への雨の侵入が完全にやみました。屋根のメンテナンスをして雨水の排水が計画通りにできるようにすれば、住まいを長持ちさせられるだろうと一安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です