すぐの対応が必要な雨漏り

家ではいろいろなトラブルが起こりますが、その中でも早急に対応をしなければいけないものとゆっくり対応すればよいものに分けられます。早急に対応をしなければいけないものの1つが雨漏りです。自宅の天井に穴が空いていたり、隙間があったりするとそこから水が入り込んできて家の中に雨が落ちてくることになります。自宅に雨が入り込んでしまうといろいろなトラブルを引き起こすことになります。

例えば、屋根裏の隙間に水が入り込んでしまうとその部分に湿気にさらされることになります。湿気はカビが発生をする原因を作り、カビが木に繁殖をすると住宅の強度を落とすことになります。さらに屋根裏には電気関係の配線が施されていることが多いです。この配線の金属部分に水がついて錆が発生すると通電の不良が起こったり、最悪の場合には火花が飛んで発火をしたりする原因にもなります。

天井の板にカビが発生をすれば、室内からも見えることになり、部屋が汚くなるだけでなく匂いも充満することになります。そこで、雨漏りが発生をしたらすぐに対応をする必要があります。穴が空いているような状況であればビニルシートなどを利用して応急の対処を行い、その後に専門の業者に来てもらって修理をしてもらうのがよいです。修理をしてもらうときには、雨が染み込んでいる部分がどうなっているのかをチェックしてもらうのも大切です。

場合によっては除湿対策をすると家を長持ちさせることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です