雨漏りには屋根の防水処理が基本

自宅の天井から雨漏りが発生するようになったので、業者の方に直してもらうことにしました。どのように直すのか方法を聞いたところ、屋根と壁のすき間を塞ぐ作業を行うとのことだったので、早速お願いすることにしました。家を建ててから10年以上は経っていますが、この間に特別なメンテナンスなどはしたことがなかったので、屋根に穴が開いていないかなども見てもらうことにしたのですが、雨漏りの部分を塞いだとしても、また雨が降ったら再発してしまうこともあるとのことです。というのも、修理した部分の周辺部が劣化していると、そこからまた水が漏れてくることがあるので、対策をとった方が良いとすすめられました。

そこで、業者の方に相談しますと、屋根に防水処理を施すと再発が防げると言われましたので、この機会に屋根の防水工事も行うことにしました。これは大掛かりなものではなく、屋根にコーティング処理をする方法とのことで、こうすることで雨が降っても水を弾いたりする防水性が高くなるため、水が浸み込むことを防いでくれるということです。この防水処理を行った後は、家の中に雨漏りが発生する症状もなくなりました。また、防水コーティングは壁などにも施したほうが良いとのことでしたから、屋根と壁の両方に処理してもらいました。

そのおかげか雨が浸み込んでくることもなく、再発の心配におびえることもありません。今後はメンテナンスにも気を付けたいと考えています。水道詰まりの修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です