蛇口の水漏れ修理は自分では難しくなっています

家庭内の水回り設備機器では、水のトラブルがしばしば起こります。そのトラブルの中で、比較的多いのが蛇口からの水漏れです。蛇口周辺から噴き出す様に水が漏れて周囲や床を濡らすケースでは、慌てずに玄関先の止水栓を閉めて、すぐに修理専門会社に修理依頼してもらう必要があります。止水栓は水道の元栓に当たるので、全ての水道が使えなくなるので、至急修理依頼しないと困る事になります。

一方で蛇口の先端から、チョロチョロと水漏れが続く場合には、普段通りに水道が使えますし、周辺が水で濡れる事のないので、放置されるケースが少なくありません。しかしチョロチョロでも水が流れ続ける事で、水道料金が驚くほどアップするので、できるだけ早期に修理すべきです。またこうしたチョロチョロとした水漏れは水栓内のパッキン部品の劣化によるもので、自分でパッキン部品を交換して修理しようと考えられる方も少なくありません。たしかに、昔ながらの水だけが出る単水栓の場合には、構造も簡単で自分で分解して部品交換して修理する事も可能と言えます。

しかし最近主流のワンハンドル混合栓の場合には、素人が修理する事は難しくなっています。ワンハンドル混合栓は、ハンドルの上下で湯量(水量)をコントロールし、ハンドルの角度で温度をコントロールするタイプで、3点給湯の普及で主流となっている水栓です。このタイプではパッキン等も含めてすべての機能が水栓内のカートリッジに集約されており、水漏れの場合にも、このカートリッジを交換する必要があります。しかし水栓が分解しにくく、かつ市販のカートリッジのどれが適合するのか分かりにくく、従って自分で修理する事が難しくなっているのです。

従ってワンハンドル混合栓の場合には、やはり修理専門会社に修理依頼するのがベターと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です