蛇口の水漏れは専門業者に

蛇口からの水漏れを修理しないで放置していると、水道代が増えるだけでなく床などが傷み被害が広がります。水道修理のお金だけでなく、床の修理や家具の買い替えのお金まで必要になることになります。蛇口などで使われている多くの部品は、耐用年数が7年から10年のものです。パッキンなどゴムでできている部品は、使っているうちに硬くなりハンドルの動きが悪くなります。

強い力で無理に閉めようとすると、他の部分に負荷がかかり別のトラブルのが起こることもあります。スピンドルの破損や錆などの汚れも、不具合の原因になります。2ハンドルの蛇口は構造も簡単で、素人でも部品を交換して修理をすることが可能です。ほとんどの部品はホームセンターで購入することが可能で、メーカーが違っていてもサイズさえ合っていれば問題なく交換できます。

また排水管の詰まりが原因で水漏れが起きている場合も、パイプ内を掃除すればトラブルが解消される場合もあります。しかし水道管に亀裂などの破損があり、そこから水漏れが起きている場合は素人が修理をすることは危険です。専門業者に修理を依頼すると、出張費や技術料が部品代以外に必要になります。しかし大掛かりな工事になる可能性もあり、専門的な知識と技術が必要な作業です。

素人が勘で修理を行うと、かえって状況を悪化させる可能性もあります。無理に自分で修理を行うより、専門業者に依頼した方が安全で確実にトラブルを解消することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です