水のトラブルは古い住宅では錆の問題は深刻です

築年数の古い住宅の場合は、水のトラブルを引き起こしやすくなり、状態によっては気付かない場所で起きている場合も目立つようになります。古い住宅では鉄製の配管を利用していることが多く、このタイプは内部に錆が溜まってしまいます。普段と変わりない生活を送っていても、蛇口から出る水には錆が混入することは珍しくはなく、気付いた際には早期に改善をすることが必要です。鉄製の配管は、長年にわたる錆の発生により、配管内部が狭くなっていることも多いものです。

同じ住宅に住み続けていると、徐々に進行する問題なので気付かないという方も大勢存在しています。分かりやすい事例では、バスルームを使っていると、湯船の底に鉄粉が付着している現象があります。錆のトラブルでは洗濯機もあげることができ、通常は洗濯機を設置する場所に蛇口が付けられているので、ホースで繋いで使用するものですが、最近の洗濯機は自動式のタイプが主流なので、洗濯機内に蛇口から水を流すことも自動で進められます。洗濯機を使っている方でも自動で作動することにより、気付くことが遅れることが非常に多い現象として、洗濯機側の蛇口からの接続ホースを外すと、フィルターが取り付けられていることを確認できます。

フィルターには大量の錆が蓄積されていることは古い住宅では良くあることで、錆によって本来の給水能力が失われている可能性も十分にあります。タンク内に給水する際に、かなりの時間を費やしていることも目立つので、古い住宅ではトラブルを解消するには住宅内の配管の交換が推奨できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です