ユニットバスのリフォームにかかる費用

浴室のリフォームは、一般的に築15~20年頃が目安と言われています。ただ、使用頻度や状況によっては、それ以前にリフォームが必要となる場合がありますから、状況を見て判断する必要があります。最近は、浴室のリフォームというと、ユニットバスが主流となっています。ユニットバスというのは、あらかじめ工場でパーツを作成し、現場でパーツを組み立てるという方法で、在来工法に比べると工期が短く、費用も抑えることができるということから、人気があります。

ユニットバスのリフォームにかかる費用は、50~150万円が相場となっていて、給湯器の交換などの小規模なリフォームの場合には、30万円以内、バスタブだけの交換なら50万円以内で実施することも可能です。ユニットバスから交換する場合には、100万円以内で抑えることも可能ですが、タイル張りの在来工法から交換する場合には、壁や床の解体作業なども必要となってしまうため、100万円以上かかることがほとんどです。もともと浴室でなかったところに、新たにお風呂場を設置するといった場合は、電気やガス工事、給排水や配管の工事なども必要となってきますから、予算はさらに高くみておく必要があります。ユニットバスは、比較的手軽に設置することができ、価格も抑えることができますが、規格が決まっていて素材や色もある程度決まってしまいますから、お風呂にこだわりがある人は、在来工法の方がよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です