Skip to content

大阪夜行バス乗車時空腹対策に軽く食べられるお菓子を

夜間と言えども大阪夜行バスに乗っている時に、なんとなく小腹がすくことはありますので、軽くつまめるお菓子があれば大丈夫です。

人間の身体は空腹になったらお腹が鳴るようにできていますし、それは健康な証拠でもあります。でも大阪夜行バスに乗っている時、静まり返った車内に、お腹の鳴る音が響くのは恥ずかしいです。ちょっとだけお腹がすいたと感じても、それが原因で眠れなくなっても困ります。だから大阪夜行バスに乗る時には、何かお菓子を持参することです。

深夜の時間帯を利用して運転をするのが夜行バスなので、眠りに落ちている周囲の人の迷惑にならないような配慮も必要になります。食べている本人はあまり気にならなくても、食べ物のニオイは周囲の人にとってはかなり気になることを忘れてはいけません。車酔いをしやすい人などは、ニオイのきついものを食べている人の、その匂いで酔いがひどくなることもあります。また乗車客の中には、とても香りに敏感な人もいるので、ニオイのないお菓子を選ばなくてはなりません。

いつもであれば誰もが夜は眠り時間を、バスの中で過ごすので音やニオイで起きてしまうことがあります。ほかの人に空腹感を感じさせるような、周辺に香りが漂う食べ物を持ち込むのは厳禁です。サクサクと美味しいスナック菓子などは、まさにあたり周辺に香りが漂うので選ばないようにします。お煎餅をバリバリと食べたり、ガムをくちゃくちゃと噛むのも控えることです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *