Skip to content

安・近・短の国内旅行が人気を集める理由

最近人気となっている旅行の傾向の一つとして、安・近・短というテーマが重要視されています。

つまり出来るだけ安く、近場で、短期間で済ませられる充実した旅行を目指そうというもので、本格的な海外旅行とは対極にある存在と言えるでしょう。もちろんこれらのテーマを満たす代表格と言うべき存在は国内旅行。

特に最近では日帰りの温泉旅行やスキーバスツアーが流行りとなっており、シーズン直前ともなれば、新聞や雑誌あるいはインターネット上のバナーでそれらの広告を見ない日は無い程です。また夏場でもLCCを利用した最長2、3日程度の離島リゾートツアーが多数販売され、特に空の便が充実した沖縄・八重山方面のリゾートが人気を集めています。

元々日本列島は南北に長く気候風土やそこに暮らす人々の気質や文化も様々。また楽しめるレジャーの数も極めて多く、国内を短期間巡るだけで大抵のレジャーを満喫する事が出来るのです。また近年では海外での政情不安も一部問題視される様になり、より安全で確実な国内旅行を選ぶ人が増えているのも確かなのです。ただ実際にそれらの旅行全てが旅行者の満足感を100パーセント満たせる訳ではありません。

それで物足り無さを感じた人はより本格的な長期旅行や海外を選びますし、それで十分満足出来れば毎年コンスタントに安・近・短のツアーをチョイスするでしょう。いずれにせよ、これらの国内旅行は旅行に対し多少なりとも都合の悪い人でも、工夫さえすれば十分に楽しめるという方法を示しているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *