Skip to content

夜行バスの東京~大阪を利用するメリットとは

東京から大阪へのアクセスの中でも飛行機や新幹線は短時間で移動が出来る交通手段として多くの人々が利用しています。

しかし、料金的なことを考えた場合、所要時間は掛かっても夜行バスの方が断然安いなどからも、旅費を抑えたい人々からの注目が集まっているのが夜行バスです。

東京から大阪までの区間は東名高速道路や名神高速道路などの有料道路を使えば距離にして約500km、所要時間で約5時間半でのアクセスが可能です。東京の新宿などを午後10時頃出発、大阪の難波などには翌朝5時頃には到着出来ます。

前日から移動が出来る点、早朝から行動が出来るなどのメリットもあるわけです。夜行バスの中には途中休憩所で乗務員の交代を行い、乗客はバスの中で待機するコースもあります。

一般的に、夜行や長距離を走るバスの場合は、途中にあるパーキングエリアなどでのトイレ休憩がありますが、東京と大阪間を結ぶバスの中には車内にトイレなどの設備が整っているので、その都度パーキングエリアでのトイレ休憩がないケースもあるわけです。

ちなみに、トイレ休憩がある場合、乗客全員が戻らないとバスを発車することが出来ません。乗務員が点呼を取るなどして乗客全員が戻っているのか否かを確認した上で発車になります。人によっては迷子になってしまいバスに戻るのが遅れてしまうケースもゼロではありません。

長時間同じ姿勢で座っていなければならないので窮屈と感じる人も多いかと思われますが、最近の東京大阪間を走行する夜行バスはゆったりとしている車両も多くなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *