Skip to content

東京から大阪への夜行バスでの過ごし方

東京から大阪に行く際に、移動時間の都合や安さなどで夜行バスを利用する人が増えています。

しかし慣れていなければ車内で快適に寝ることができず、何をもっていけばよいのかわからない人もいることでしょう。東京から大阪への夜行バスに乗る際に用意しておきたいものとしては空気枕やスリッパ、スマートフォンの充電器や飲み物が必要です。

乾燥しているので水分をとらなければエコノミークラス症候群のリスクが高まるので、水分補給はしっかりと行いましょう。東京から大阪への夜行バスの中で快適に過ごすためには、乗車前に顔を洗いさっぱりとした状態にしておくとよいでしょう。歯を磨いておけばなお気持ちよく過ごせます。

降りてからのスケジュールによっても異なりますが、服装についてはゆったりとしたものを着ることで、ゆったりと過ごすことにつながります。快適な温度は人それぞれであるため、重ね着できるものを用意して、脱いだり着たりして調節しましょう。

東京と大阪の夜行バスで快適に過ごすためのコツとしては、やはりいかに足を休めるかが重要です。靴を脱いでスリッパに履き替え、夏であればサンダルでもよいでしょう。

フットレス付きのバスではない場合には、自分の荷物をフットレス代わりにすると足が非常に楽になります。長時間座ったままだとエコノミークラス症候群のリスクも上がるため、ストレッチなどをして血行を良くすることを心掛けましょう。

暗くなってからはスマートフォンや携帯電話の画面はあまり見ない方がよいでしょう。周囲の人にも明るさが見えなくなり、寝る前に強い光をみることは快適な眠りを妨げることになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *