Skip to content

小豆島のツアーでパワースポットに訪れる

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島です。

多くの人が住んでいて、本州や四国との行き来も頻繁にあります。連絡船は1時間に一本ほどあるので、船に乗り遅れたらその日に島に渡れない、本州などに戻れないなどはありません。観光地も多いことから都市部からのツアーなども多く組まれています。それぞれの小豆島のツアーによって立ち寄るところは異なりますが、せっかくなら立ち寄っておきたいところがいろいろあります。

今はパワースポットと呼ばれるところが人気になっています。小豆島にツアーで訪れた時に行きたいところとして、小瀬の重ね岩があります。この島は良質の花崗岩が採石できるところとして古くから知られていて、大阪城の築城の時にもこの地の石が使われていたとされます。この採石場の岩山の山頂部分に少し見た目には怖い状態の石が残っています。風が吹いたら落ちるのではないかと感じるような残り方です。

下から見ると少し危うそうですが、実際に近くまで行くと結構しっかり残っているので、少々のことでは落ちないでしょう。小さな岩の上に大きな岩が重なっている状態なので重ね岩といわれています。この岩まで行く途中に小瀬石鎚神社があり、その神社の御神体として長らくこの地を守ってきたとされています。いかにも人工的に作られているように見えますが、人工的に作られたのか、自然にこうなったのかはわかっていません。不思議な岩の状態が見られるだけでなく、瀬戸内海の絶景も見ることができます。記念写真を撮影するのにいいスポットと言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *