Skip to content

白浜温泉へ行くなら観光も楽しもう

日本3古泉のひとつでもある和歌山県の白浜温泉は、万葉集にも牟禮の湯という名で記載がある名湯です。

飛鳥・奈良時代には斉明天皇や中大兄皇子が訪れたといわれており、古くから天皇ご一族を始めとする宮人たちに愛されてきました。アルカリ性のお湯はとろりとした柔らかさがあり、美肌の湯として人気があります。疲労回復以外に胃腸病や神経痛・リウマチなどにも効くといわれ、効能豊かなお湯が自慢の温泉です。共同浴場も6カ所あります。白浜には、たくさんの観光スポットがあります。

有名なのは、パンダを間近で見られると人気のアドベンチャーワールドでしょう。千畳敷や三段壁・円月島は、大自然の雄大な絶景が見られる観光名所となっています。夏であれば、真っ白な砂が広がる白良浜で海水浴を楽しむ方も多いでしょう。穴場の観光スポットは、円月島の近くにある京都大学白浜水族館です。無脊椎動物が中心なのであまり大きな水族館ではありませんが、1つずつの水槽に丁寧な説明があり、静かにゆっくり見学できます。

貝に興味がある方なら、本覚寺もおすすめです。江戸時代から代々の住職が集めた1、000点以上の貝のコレクションを見させてもらうことができます。白浜で発見され、本覚寺にちなんで名付けられた「ホンカクジヒガイ」も展示されています。白浜には他にもたくさんの観光スポットがあります。温泉旅行の際にはぜひ、色々なスポットへ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *